2021年11月9日火曜日

「2021年度新入職のみなさん、ようこそコープおおさか病院へ」

 

2021年度入職の理学療法士、作業療法士のみなさん、ようこそコープおおさか病院へ。

やっとこの場で言うことができました。もう10月なのになぜ今さら。

振り返ってみると、4月からの半年間は何よりも先にみなさんを臨床デビューしてもらうことでいっぱいだったように思います。






昨年の臨床実習はどこも中止または短縮でした。患者さんとの会話や、患者さんの身体に触れた経験をほとんどできないまま国家試験をパスして入職されました。受け入れる側も困惑しました。一緒に働く人たちがどんなキャラクターなのか把握しようという思いで、それぞれの卒業校に連絡して担任の先生にアンケートをお願いしました。4月に入職されてから各自の不安や期待について聞き取りながら今年の研修を計画しました。OSCE(客観的臨床能力試験)も行って、実習経験バラバラな彼らの力量や個性を理解しようとしました。




いま、ようやく1日を療法士として過ごすことができるようになってきました。先輩職員から成長が見える点、悩みを抱えていることなども聞くことができます。

ここから一人一人が己を理解し、認め、学びながらセンスを磨いていってほしいなと思います。

とはいえ、もう来年の採用や職場の体制についての方針を詰めていく時期です。1年早いな!!

理学療法士 阿部広和




2021年9月12日日曜日

夏祭り♪♪

 

5階・地域包括ケア病棟 四季を感じる取り組み☆


8月、会議に会議を重ね…夏祭りをしました!


祭りといってもスーパーボールすくいと輪投げ・浮き輪投げだけですが、

入院中の患者さんに夏を感じて頂きたく、音楽や飾り付けで雰囲気を出しました。



飾り付けは、作業療法士と患者さんが一緒に、リハビリもかねて毎日少しずつ作成。

輪投げは、座って手の運動・立って足の運動やバランス練習にもなります。




もちろん、感染対策はしっかりと!


限られたいつもの体操メンバーで、

密防止・手指消毒・物品の消毒作業・換気しながらしています。


当日、99歳の患者さんが、スーパーボールすくいを見て、「懐かしい!ありがとう。」と手をたたいて喜んでくれました。スタッフ一同やってよかったと感動。


こちらこそ、ありがとうございます。


地域包括ケア病棟 専従理学療法士 阪口 真由美



2021年9月5日日曜日

七夕祭り

 

5階・地域包括ケア病棟 四季を感じる取り組み


7月、入院中の患者さんに七夕の飾り付けを作成して頂きました!手のリハビリもかねて…

その仕上がりにスタッフはビックリ。

7月中、病棟の食堂が賑やかに楽しくなりました。

ありがとうございました。










七夕当日は、いつもの体操メンバーで感染対策をしながらゲームをしました。

手指消毒・消毒作業、密対策、換気はばっちりです!






コロナ禍で、今までできていたことができなくなっていますが、皆様の安全を第一優先に、できることを探していきたいです。


地域包括ケア病棟 専従理学療法士 阪口 真由美

2021年2月5日金曜日

地域包括ケア病棟とは、、、?

 

一般病棟で急性期治療を経過し病状が安定した患者さんに対して、リハビリや在宅復帰に向け医療や支援を行う病棟になります。

 

当院では、いろいろな方法でリハビリを提供しています。

各療法士が個別(従来の11)でリハビリをする以外にも、院内デイ・集団リハ、自主トレ指導、食前体操など、病棟看護師や介護士と一緒に協力しながら、患者さんの能力や全身状態に合わせた組み合わせでリハビリを行っています。

 

 

院内デイ・集団リハビリでは、平日毎日、能力や全身状態に合わせて少人数のグループに分け運動をしています。



   


内容は、筋力トレーニング・体操・認知症予防体操・起立練習・歩行練習・マシントレーニングなど様々です。


     


大事にしていることは、①安全、②個別性、③チームワークです。

   安全に病状にあった適度な運動を

   個人に合った在宅復帰に必要な能力アップを

   リハビリ、看護師、介護士など他職種がチームとなりサポートします。

日中ベッドで寝ている生活から、在宅復帰・社会復帰に向け、椅子に座って過ごす時間をつくることから始めましょう。見学からでも参加可能です。

 コロナ対策では、体調管理、運動前後の手指消毒、マスク着用など三密対策もしております。


地域包括ケア病棟 専従理学療法士 阪口 真由美


2020年12月9日水曜日

「2年目職員症例発表会」今年も無事にできました。

 

125日に恒例の2年目職員症例発表会が開催されました。今年の2年目はリハビリからPT2名だけとなりました。看護師と事務職員合わせて11名が2年間の取り組みの中から頑張ったことや悩んだ事例をまとめて発表しました。



感染予防のため養成校の先生方をお招きすることはできませんでしたが、職員がたくさん参加してくれて活発な意見交換ができました。認知症や拒否への対応で苦労したこと、チーム連携で共有する大切さなどが今年の発表の特徴だったと思います。


PTはどちらも中枢神経疾患の症例をとおして退院後の生活を考えて取り組んだ内容でした。二人ともしっかり在宅生活のことをふまえて患者さんに対応してることがよく分かりました。謙虚な二人がちゃんと成長していると思えて安心しました。お疲れさまでした。

お二人は2月の学術集会でも発表するので、今回の経験を生かしてすばらしい発表ができることを期待しています。
がんばれ!!
             理学療法士 阿部広和

2020年5月27日水曜日

コープリハへようこそ☆

コロナで大変ですが、ついに緊急事態宣言も解除されました。
しかしまだまだ油断せずにみんなでコロナ対策を頑張って続けていきましょう。



今年もコープおおさか病院のリハビリに新入職の方が入職されました!!!
理学療法士2名、作業療法士1名の計3名です。

入職して約2カ月が経ちました。
まだまだ緊張した様子はありますが、雰囲気には少し慣れてきたようにも感じます(^O^)


新入職の3人にコープのリハビリを選んだ理由を聞いてみました!



「地域リハに興味があった」
「患者様と長く関わっていけると思ったから」






「回復期リハビリや地域リハに興味があった」
「学生の時に実習で来て自分のやりたい事と合ってそうだった」
「訪問リハビリもあるので、退院後のフォローもできるのが興味深かった」






「学生の時に実習で来て、セラピストと患者様の関り方が素敵だった」
「職場の雰囲気がよかった」




元気でエネルギッシュな新入職の3人も一緒に日々、頑張っていきます!

これからもコープおおさか病院のリハビリをよろしくお願い致します。

2020年5月8日金曜日

コープリハのコロナ対策

みんなで困難を乗り越えよう!!

リハビリ部長のPT阿部広和です。
コープおおさか病院でも全職員一丸となってコロナ感染予防に努めています。組合員さんたちもマスクやガウンを手作りしてくれています。

リハビリテーション部でも病院から指示されている予防策に加えて、各種協会が推奨されているものを参考にさせていただきながら以下のような対応をしています。一部要約ですが紹介します。

・リハビリ室の使用は必要時のみ

・物品は使用ごとに消毒

・入院患者様は病棟フロアー

・家屋評価の制限

・家族カンファレンスは病棟外別室で

・患者様のマスク着用と手洗い

・ST(言語聴覚士)はゴーグルと必要に応じてフェイスシールド着用

・業者は病棟外でスタッフが対応

・入院リハと訪問リハの兼務中止

・在宅でのリハ会議やカンファレンスは電話で

・通所リハ利用者はマスク着用と手洗いの徹底

・訪問リハはマスク、ゴーグル、エプロン着用

・訓練、介助時の注意事項指導

・スタッフ休憩、食事の環境、注意事項指導

・毎日出勤時の体温、体調報告
訪問リハ

言語聴覚士


スタッフ一人一人が強い意志と忍耐で努力していると思います。このまま一人も陽性者が出ず、患者様や利用者様も無事に乗り切れることを祈りながら今日もがんばります!
One for All 、All for One
戦う気持ちは雲突き抜け、今日もまた日が昇る!