2022年12月23日金曜日

 

2年目症例発表会 今年も開催~学ばされました~

 

ワールドカップで盛り上がった202212月、夜中にTVの前で「よっしゃあ!」と心の声をあげていた自分を思い出しながらこの記事を書いています。コープおおさか病院の2年目職員は症例発表会に向けてそれどころではなかったんだろうな。

さる1217日に2年目職員症例発表会が無事に開催されました。12名の看護師、セラピストの発表を聞かせていただきました。みんな先輩に相談しながら、何度も練習と修正を重ねてしあげた発表だけあってしっかり伝えられていたと思います。



今年の発表会を通して、わたしの印象に残ったキーワードは2つありました。①「多職種連携」と②「退院支援を見据えた看護目標」です。①の理由は、連携といえば院内や介護事業所に向けたものをイメージしがちですが、いくつかの症例の中に診療所や訪問診療に対しての連携があったからです。これこそ地域包括ケアシステムの一端を担っている証明だと思いました。②は、看護師は在宅生活や家族からの情報もふまえて看護目標や計画を立てます。リハビリも同様です。ただ、これが相互に共有されているか疑問に思えたからです。入院における退院支援のリーダーは看護師だと考えています。リハビリはこれに合わせて目標を立てる必要もあると思います。カンファレンスなどで口頭での情報交換はしていているのですが、本当の意味で連携できているか。追求していかなくては、と学ばされた発表会でした。





みなさんお疲れさまでした。そしてありがとうございました。

20221222日 

理学療法士 阿部広和

 

 

2022年5月16日月曜日

 

節分👹

 

~5階・地域包括ケア病棟 四季を感じる取り組み~

 

 2月3日は節分でしたね。

 当院にもなんと…赤鬼さんがやってきました‼



 鬼の仕上がりに患者様だけでなく、スタッフもビックリ!

 


 手や腕のリハビリを兼ねて、

「鬼は外、福は内」

の掛け声で、お手玉を使って鬼退治をしていただきました。

 



 いつもの体操メンバーで感染対策をしながら実施しており、手指消毒・消毒作業、密対策、換気はばっちりです!

 




 みなさんから、いつもとは違う笑顔が見られ、ある患者様からは「一緒に写真を撮ろう!」と赤鬼さんに声を掛けていただきました。

 参加していただいた皆様のおかげで私達も楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 ありがとうございました!